自宅勤務に必要なもの

1月 12th, 2019 by admin

自宅勤務はその名の通り自宅で様々な業務をこなす勤務形態のことで、その自宅勤務に関するルールは企業によって様々です。
この自宅勤務は簡単に始められる思われがちですが、それなりに用意しなければならないものがあります。
では、自宅勤務を行うときに必要となるものは何でしょうか?
自宅勤務で必要となるのものは、パソコンやインターネット環境が挙げられます。
パソコンは自宅勤務ですのでデスクトップパソコンが望ましいですし、動作が安定していてソフトやアプリケーションがスムーズにダウンロードできるものが良いでしょう。
インターネット環境はVPNという仮想プライベートネットワークを利用することが多くあり、このVPNを使えば通信を監視されることがなくなって情報漏えいなどのリスクを減らすことができます。
このようなことからも分かるように、自宅勤務ではパソコンやインターネット環境が必要となりますので、企業と相談しながら用意するようにしましょう。

株式会社ノベルワークスのテレワーク

12月 18th, 2018 by admin

ITシステムの企画や設計、デザイン制作や開発などを行っている企業の「株式会社ノベルワークス」はテレワークを導入しています。
この企業は従業員が3名しかいませんが、そのうちの2名が週に2~3回でテレワークを実施しており、時間を有効活用するということを第一の目標に掲げています。
また、テレワークではビデオチャットやモバイル端末、クラウドストレージやクラウド型グループウェアを導入しており、これはオフィスにいなくてもリアルタイムで情報連携やコミュニケーションを可能にしています。
これが業務効率向上につながることで週休3日制も可能になってきます。
こうしたテレワークを導入したことによって、本来の能力を十分に発揮できなかった優秀な人材が自然に集まって来るようになりましたので人材不足で困ることがなくなりましたし、一般管理費の削減や生産性の向上といった付帯価値を生み出すといったメリットも得ることができたのです。

株式会社エフアンドエムのテレワーク

12月 8th, 2018 by admin

様々な企業がテレワークを導入し始めていますが、その企業の一つに「株式会社エフアンドエム」という企業があります。
この企業のテレワークは介護や育児、転勤などのライフイベントによる離職防止や新たな雇用創出を目的として導入しました。
また、社員の業務効率化や生産性の向上、顧客満足度の向上にも着手しています。
それと、テレワークを導入すると同時にITツールを活用しており、遠隔地にいる社員や顧客などとの打ち合わせではスカイプなどのテレビ電話を使用していますし、資料などのデータのやり取りはオンラインストレージサービスを活用しています。
こうしたテレワークを導入したことによって事務作業を社外でも行えるようになって時間を効率的に使えるようになりましたし、顧客を優先したコミュニケーションをとれるようにもなりました。
更に顧客である企業にテレワークを評価されて、テレワークの輪を広げて導入支援を要請されるケースも増えました。

株式会社エフアンドエムのテレワーク

12月 1st, 2018 by admin

様々な企業がテレワークを導入し始めていますが、その企業の一つに「株式会社エフアンドエム」という企業があります。
この企業のテレワークは介護や育児、転勤などのライフイベントによる離職防止や新たな雇用創出を目的として導入しました。
また、社員の業務効率化や生産性の向上、顧客満足度の向上にも着手しています。
それと、テレワークを導入すると同時にITツールを活用しており、遠隔地にいる社員や顧客などとの打ち合わせではスカイプなどのテレビ電話を使用していますし、資料などのデータのやり取りはオンラインストレージサービスを活用しています。
こうしたテレワークを導入したことによって事務作業を社外でも行えるようになって時間を効率的に使えるようになりましたし、顧客を優先したコミュニケーションをとれるようにもなりました。
更に顧客である企業にテレワークを評価されて、テレワークの輪を広げて導入支援を要請されるケースも増えました。

株式会社ISパートナーズのテレワーク

11月 15th, 2018 by admin

テレワークは様々なメディアで取り上げられるようになりましたが、これは政府が推進していることだけではなく様々なメリットが得られる働き方として注目されているからです。
この注目されるようになったテレワークを導入している企業の一つに株式会社ISパートナーズという企業があります。
株式会社ISパートナーズは日本最大級のコスメ・美容総合サイトを運営したりコンテンツ制作したりする情報サービス業で、生産力と品質の向上やライフステージの変化による活躍の場の創出をどうするかという課題があったのでテレワークを導入しました。
また、テレワークの導入方法は本社やサテライトオフィス、自宅の中から働きやすい場所を選択し、時間によっても場所を変えられるようにしました。
この結果、工数管理ができるようになって不明瞭な仕事が削減でき、テレワークを行う従業員は私生活との両立がうまくいって業務時間をしっかり確保できるようになりました。

女性が活躍する資生堂のテレワーク

11月 5th, 2018 by admin

テレワークを行っている企業は増加傾向にあり、様々なメリットを得られるということもあって様々な業界で注目されています。
そのテレワークを行っている企業の一つに女性が活躍する資生堂があり、1990年には育児休暇を取り入れていますし、2003年には事業所内保育施設を開設し、今現在では育児や介護を必要とする社員だけだったのを美容部門を除いた全社員を対象にしています。
また、資生堂のテレワークは月に8日間を上限として半日単位や週2日以内でテレワークできるようになっており、理由や性別に関係なく部門長が認めれば行うことができます。
それと、テレワークで在宅勤務する女性特有の悩みを解決するために、オンライン会議用の自動メークアプリ「テレビューティー」を導入していますので、スッピンの女性でも安心して会議に参加することができます。
こうした資生堂のテレワークは、育児や介護を必要とする女性にとってとても働きやすいと思います。

明治安田生命のテレワーク

10月 29th, 2018 by admin

テレワークは従業員だけではなく企業にも様々なメリットがありますのでテレワークを導入する企業は増加傾向にあります。
そのテレワークを導入する企業の一つに明治安田生命があり、2015年1月にテレワークのトライアルを行って利用者アンケートを実施し、その結果から2015年4月から本社内の全組織に拡大させて2016年からは約2000人を対象として行っています。
また、明治安田生命がテレワーク導入で目指すところは従業員一人一人のワークライフバランスの実現や優秀な人材を確保するところです。
それに加え育児や介護によって生じる仕事能力の向上や昇進に影響を与えないということも目的の一つになります。
営業部門の従業員約3万人にタブレット端末を貸与して有効活用していますし、本社所属の一部従業員にはテレワークができるシステムを導入しています。
こうしたテレワークの導入によって約95%がテレワークを利用したいという結果が出ています。

テレワークとノマドワークの違い

10月 18th, 2018 by admin

認知度が高まって導入する企業が増えていて、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方として注目されているのがテレワークです。
そのテレワークは企業が構造改革をするための戦略を大きく進歩させることができますし、仕事の生産性や効率性の向上も期待したりできます。
このテレワークと似たような言葉にノマドワークというものがあります。
ノマドワークは遊牧民という意味があるとされており、場所や時間にとらわれない制限がなく自由に働けるということです。
また、ノマドワークとテレワークは似ていますし働き方も同じような感じですが、では、テレワークとノマドワークの違いとは何でしょうか?
それは、ノマドワークは自由に仕事をするためにオフィスはありませんし、パソコンを持ち歩いて様々な場所で仕事を行う個人事業主が多いです。
一方でテレワークは会社に雇われて在宅勤務するのが主となっており、リモートワークなどで業務を行うという点で違いがみられます。

現場で使えるモバイル活用テクニック「印刷」編 プラスワンで進める働き方改革

10月 1st, 2018 by admin

屋外に作業中、書類を印刷したくなったら、コンビニへ向かいましょう。実は、コンビニに導入されているマルチ端末は、ファイルの印刷機能が用意されているのです。対応するのは書類や写真(L版)の印刷、書類などのスキャン機能など。その機能はプリンター複合機並みです。マルチ端末で書類を印刷する方法には、2通りあります。USBメモリーなどのメディアを利用する方法と、マルチ端末に対応したオンラインのプリントサービスを利用する方法です。前者は、印刷できるのがPDFファイルだけになるのですが、印刷代金はプリントサービスを使うよりも安いのです。モノクロなら1枚10円。カラーもB4まで50円で、A3も80円となります。一方のプリントサービス。こちらは、まずコンビニチェーンによってサービスが変わります。セブンイレブンは富士ゼロックスが運営する「ネットプリント」、ローソンやファミリーマートなどはシャープの「ネットワークプリント」というサービスが対応します。料金はモノクロが1枚20円。カラーがB4まで60円、A3は100円となります。

洪水備え中小河川にも水位計 京都府、迅速避難つなげる狙い

9月 25th, 2018 by admin

中小河川の洪水に備え、京都府は本年度から、府管理河川の約120カ所に「危機管理型水位計」を順次設置するということです。近年の豪雨では、水位計の無い中小河川での洪水被害が頻発しており、きめ細かな監視体制を築くことで、迅速な避難につなげます。危機管理型水位計は昨年の九州北部豪雨を受け、国土交通省の呼び掛けで民間各社が開発しています。通常の水位の場合は1日1回しか計測しないのですが、水位が上昇し観測開始水位に達すると10分間隔で計測し、遠隔操作で計測間隔を変えることなどもできるということです。設置費用は1カ所あたり約100万円で、常時計測する従来型の8分の1程度で済み、維持管理も簡単ということです。本年度は、まず7月の西日本豪雨で内水氾濫が起きた福知山市の蓼原川をはじめ、これまでに浸水被害があった河川を中心とする61河川の62カ所に設置します。府が管理する377河川のうち、従来型の水位計が設置されているのは89河川112カ所にとどまっていて、府砂防課は「3年後には、住宅などへの被害の恐れがある河川には全て水位計が設置されることになる」としています。