Archive for 9月, 2020

スマートフォングッズの新しい市場

金曜日, 9月 18th, 2020


"独自技術が導入されているスマートフォングッズには、「Anker PowerPort Atom III Slim AK-A2614111」、「BEBONCOOL コントローラー Q39-AF-JP」のようなものがあります。 最近のスマートフォン市場は大きな変化を迎えていて、中でも、「モバイルバッテリー」、「eスポーツ」市場関連のスマートフォングッズが急速に増えてきました。Anker PowerPort Atom III Slim AK-A2614111は、モバイルバッテリーと同じように人気となっている、「急速充電器」に関連したグッズです。 Anker PowerPort Atom III Slim AK-A2614111に導入されている技術は、「Power IQ 3.0」というのもので、最大30Wの⾼出⼒を出すことが可能になっています。優れたUSB Power Deliveryを求めている人であれば、Anker PowerPort Atom III Slim AK-A2614111をオススメすることができます。 急速充電器の凄さは、一般的なスマートフォンに対する充電で明らかにされています。例えば、「iPhone XSであれば30分」で最大50%まで充電することが可能になっているのです。 つまり、Anker PowerPort Atom III Slim AK-A26141111台あれば、スマートフォン・タブレット・ノートパソコンといった、現代社会では良く使用されるデバイスに対して、高速充電することが可能になります。Anker PowerPort Atom III Slim AK-A2614111は、「GaN(窒化ガリウム)を採用している」ため、1.6cmというコンパクトサイズを実現しています。 見慣れない名称ですが、こちらは人工衛星など産業用機械に使用されている半導体素材で、充電時の発熱を抑える効果があるため、今では注目されているアイテムとなりました。 BEBONCOOL コントローラー Q39-AF-JPは、スマートフォンに対応しているコントローラーです。現代ではeスポーツを子どもも大人も行っているため、BEBONCOOL コントローラー Q39-AF-JPの需要が高まってきました。 BEBONCOOL コントローラー Q39-AF-JPは、従来のコントローラーとは違い、「レスポンスが良く高感度なボタン・スティック」を搭載しています。なにより「人間工学に基づくデザイン」となっているため、BEBONCOOL コントローラー Q39-AF-JPは手にフィットする作りになっているのです。 オンラインゲームでは、「PUBG・荒野行動」などのゲームが人気で、FPSを長時間楽しみたい場合に、コントローラーをBEBONCOOL コントローラー Q39-AF-JPに替える人が増えてきました。BEBONCOOL コントローラー Q39-AF-JPのOSは「Android・iOS対応」となっているのも特徴です。"

「ASUS ZenFone 6」にはどんな特徴がある?

日曜日, 9月 6th, 2020


"SIMフリースマホとして大人気のASUS ZenFone 6ですが、特徴となるポイントが多いスマートフォンでもあるため、特に気になるポイントをまとめてみました。 ASUS ZenFone 6のポイントその1は、「前面のノッチ排除」です。SIMフリースマホだけでなく、エントリーモデル・ミドルレンジモデル・ハイエンドモデルのすべてで、今では、ノッチを気にせず購入される人は少ないのですが、ノッチとは、次のような特徴を持つものを言います。 まず、スマートフォンはどんなモデルであっても、どこかに機能に見合った「ノッチ(切り欠け)」を用意していないといけません。ノッチが無いということは、スピーカーなどの機能が無いモデルであることの象徴だからです。 ノッチをさらにわかりやすく説明すると、スマートフォンの凸凹としている部分がノッチです。こちらにセンサー・スピーカー・カメラなどの機能が盛り込まれているため、「ノッチのデザインに優れる」スマートフォンは、多くの人から高く評価されることが良くあります。 ノッチが大きくなる、デザインがいびつになるほど・・・、そのスマートフォンは画面が見づらい傾向になりますので、スマートフォンメーカーがノッチのデザインを変更するのは、当然のことかもしれません。そしてASUS ZenFone 6は、そんなノッチのデザインについても大きな革新を見せているため、SIMフリースマホの中でも注目されているのです。 ASUS ZenFone 6はノッチ排除によって、「全画面ディスプレイの特徴を持つ」スマートフォンとなりました。そんなASUS ZenFone 6ですが、特徴はノッチ排除だけではありません。 ディスプレイそのものについても配慮されており、例えば、「高色域DCI-P3比100%」という色再現性の特徴もあるのです。これによりASUS ZenFone 6は、リアルな質感による映像表現が可能になりました。 ASUS ZenFone 6はディスプレイの質が良いだけでなく、強化ガラス採用となっているため、高強度で割れにくいスマートフォンとなっている特徴もあります。実は、現代のスマートフォンであっても、「スマートフォンはヒビが入りやすい、衝撃で壊れやすい」というクレームがあります。 ASUS ZenFone 6は、そんなディスプレイそのものの問題もクリアしているため、ASUS ZenFone 6の評価は高いのです。その他にも、ASUS ZenFone 6は「Charge 4.0搭載」となっているので、5000mAhの大容量を効率的に使用できるモデルとなっています。 ASUS ZenFone 6の特徴を要約すると、映像美を求めている方にオススメのモデルとなります。スペック上も問題なくSNS・動画・ゲームを楽しめるようになっているので、従来のハイエンドモデルと比べても遜色ない動きを見せるのが、ASUS ZenFone 6の大きな特徴です。 しかも、RAMが8GBとなっているため、高性能なゲームのプレイも問題なくこなせます。"